Misshans knit TOKYO

misshans.exblog.jp

霞ヶ丘技芸学院のストレッチ編み講座

霞ヶ丘技芸学院でのストレッチ編み講座でのアシスタント業が一昨日無事に終了いたしました。
初級コース6ヶ月、講師コース6ヶ月と1年間(月1回)の講座でした。

私が師事する小林先生講師のもと、霞ヶ丘技芸学院では初のストレッチ編み講座が昨年秋よりスタート。
初級コースでは20名近い生徒さんが集まり、こんなに大人数のクラスでのアシスタントは初めての経験で、しかも殆どの生徒さんが手あみ師範資格をお持ちで、各自教室で生徒を教えている現役先生方。
キャリアも年齢もずっと先輩方にフォローするというのは、ホントに緊張でした。

それでもストレッチ編みに関しては全くのゼロからのスタートで、最初は皆さん四苦八苦。
かえって編み物(棒針・かぎ針など)の技術がジャマをするのか、なかなかストレッチに馴染めない様子でしたが、さすがにそこは先生だけあって、この1年で随分技術を習得されました。

今回は自分の教室で教えているのとは違い、かなりハイレベルの中でのやりとりから多くのことを学ぶことが出来ましたし、改めて講師業というもののあり方や姿勢を考えることができました。

今回講師になられた先生方が、さらにこのストレッチ編みを多くの方に伝え、裾野が広がっていってくれたらストレッチ編界ももっともっと素敵に発展していくのではないかと期待しています。

と、堅苦しい話はここまで、
レッスン終了後は学院近くの中華料理店で打ち上げお食事会を開いてくださいました。
美味しい料理とお酒を楽しくお喋りしながら、たらふく戴いて参りました^^ ほんとにごちそうさまです
e0179525_12445848.jpg


編み物業界は広いようで意外と狭いので、ヴォーグ東京校に出かけると結構知ってる顔を見かけます。また、どこかで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

最後に、この1年間、広瀬光治先生と遠藤先生には、いちアシスタントである私にも気を配ってくださりとてもお世話になりました。本当に感謝しています。どうもありがとうございました。
また機会がありましたら宜しくお願いいたします。
[PR]
by misshans-knit | 2012-10-31 13:14 | ストレッチ編み